Tag Archives: 聴覚

あまり知られていない補聴器の機能

体温計のピピッという音、聞こえていますか?

少し前の体温計だとピピッと同じ音程でなっていたそうなのですが、
最近の体温計はピポピポと高い音と低い音を組み合わせた電子音になって
聞きやすくなっているそうです。

仕事上大切なアラーム音などが聞き取りづらくお困りの方もいらっしゃると思います。補聴器をつけることによって聞こえるようになる事もあれば、聴力によっては、
通常の補聴器の調整では、どんなに高周波の音を上げても聞き取れない方もあります。

そのような方には、数年前から補聴器に搭載される事が多くなった「周波数移行機能」
を使って調整をします。(メーカーによって呼び方が違います)

これは、聞き取ることができない高い音を、聞こえる範囲の低い音に変換する機能。
例えていうなら、ピアノの高いドの音を、低いソの音に変えて聞くような感じです。

あまり出番のない機能なのですが、役に立つときにはものすごく役に立ちます。

以前、全盲のお客様が『信号機が「通りゃんせ」だと聞こえていたのだけど、ピヨピヨに変わったら聞こえなくなって・・・』と仰いました。
なんでも、最近は「通りゃんせ」や音楽が鳴る信号が減って、ほとんどがピヨピヨカッコーになっているのだそう。
ちなみに、ピヨピヨは東西方向、カッコーは南北方向の青信号を知らせているのだそうです。
このお客様の場合、日常会話は補聴器をつければ問題なくできられるのですが、
高周波の聴力がとても落ちておられるため、信号機のピヨが聞き取れないのです。
そこで、この周波数移行機能を使い、高い音を少し低めに変換できるよう設定してみました。

結果は、聞こえなかったピヨが聞こえるようになり、外出が怖くなくなったと言われました。私自身、それまで信号の事を気にしていなかったので本当に勉強になりました。

補聴器には、たくさんの機能がついていますが、その機能を設定するのは、
私たち補聴器のプロの仕事なのです。
購入前のカウンセリングはもちろん、ご購入後もお客様との会話の中からお困りの事がわかり、「それだったらこの機能が役に立ちそうだ」と調整をすることも多々あります。
使用しているうちに気になる事や困ったことが出てきたら、遠慮せずに相談してください。
熊本店  岩永

☆来店・訪問予約はこちらからどうぞ☆


岩永補聴器熊本店

熊本市中央区上通り町3-33(鶴屋前・手取教会となり)

TEL  096-326-8339

営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日  日・祝祭日

☆岩永補聴器のホームページはこちら☆

 
 
 

 

Posted in 熊本店 Tagged , , , , , , , , , , , コメントをどうぞ

3歳児の聴力検査

令和元年も、いよいよ最後の月になりました。
どんな1年でしたか?

先日、子供の3歳児検診のお知らせが市より届きました。
3歳児検診では、視力検査と聴力検査もあるようです。
本番でできるように、お家で練習してくださいと、練習用の紙が入っていました。

視力検査の方は、ランドルト環というのでしょうか、検査の時の「C」 が書かれた紙が入っていてそれを1m離れた所から見せて練習するようになっています。

聴力検査の方は、「かさ」や「くつ」などの絵が描かれていて、それを声を出さずに
一度だけささやいて、聞こえたものを子供が指差すというもの。

声を出さないとは、「喉ぼとけの所の声帯が震えない状態」と書かれていました。

それと指こすりによる聴力検査もありました。
子供の耳のやや後ろ10cmくらい離れた所から、親指と人差し指を軽くこすって、その音がどちらの耳から聞こえたかを答える検査です。
小さい子供の場合、自分で症状を伝えるのが難しいですよね。
ぜひ、時々チェックしてみてください。

「指こすり」は小さい子供だけではなく、大人でもできます。ぜひ試してみてくださいね。
聞こえづらさを感じたら、そろそろ補聴器の出番かもしれません。
当店なら、経験豊富な補聴器の専門家が、あなたの聞こえに合わせて調整した補聴器を
無料で体験できます。お気軽にご相談ください。

岩永補聴器熊本店 岩永


岩永補聴器熊本店

熊本市中央区上通り町3-33(鶴屋前)

TEL  096-326-8339

営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日  日・祝祭日

☆岩永補聴器のホームページはこちら☆

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in 熊本店 Tagged , , , , コメントをどうぞ

難聴が脳の機能に影響を及ぼす事


聴力の低下が起こると、視覚、触覚など他の感覚を司る脳領域が、本来ならば聴覚を処理していた脳領域に取って代わると言われています。簡単に言うと脳が変化していってしまい、変化した脳は認知機能に深刻な悪影響を及ぼす恐れがあるとの事です。

認知機能を維持していく為には健康な聞こえを守ること、難聴に対しできるだけ早く対処することが不可欠だと言われています。また聴覚を司る側頭葉には記憶や臭覚、感覚などの中枢神経が張り巡らされている為、記憶力の低下や感覚神経の変化が出てくるとも言われています。



初期の難聴であっても、認知機能の低下に結びつく可能性があります。少しでも聞こえに不安を感じたら、耳鼻咽喉科を受診して頂くか、岩永グループ各店にご相談下さい。 佐世保店 大島

Posted in 佐世保店 Tagged , , , , , コメントをどうぞ

お正月に帰省したら・・・

今年も残す所あとわずかとなりました。

年末年始、久しぶりにご実家へ帰られる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

加齢性の難聴は、徐々に低下する為、意外と自分自身では気付きにくく、周りの人が先に気付くことも多いものです。

久しぶりに会うご家族だからこそ、以下のようなことに気をつけてみてください。

・テレビの音量が大きくなっている

・会話が通じにくい

・後ろから呼んでも気付かない

・電子レンジや体温計などの電子音が聞こえていない(聞こえにくそう)

・聞き返しが多い

・会話に参加してこなくなった

などです。

そのような変化があったら、ご家族から受診をすすめてみてください。

難聴を放置していると、脳の認知機能が低下し、うつ病や認知症になるリスクが高まるとも言われています。

家族が元気でいてくれると、離れていても安心してすごせますよね。

熊本店からは、今年最後のブログとなります。

今年も一年、たくさんの聴こえのお手伝いをさせていただき、心より感謝申し上げます。

みなさま、よいお年をお迎えください。

岩永

 

Posted in 熊本店 Tagged , , , , , コメントをどうぞ

『健康』である為に

こんにちは 長崎店の山道です。

早いもので今日で10月も終わりですね。今の時期のような季節の変わり目が一番心身共に負担が掛りやすいので、体調管理にお気をつけ下さい。

さて、今回は『聴力低下と転倒の危険性』

という内容を先日行ったセミナーの中で教わってきましたのでお伝えしたいと思います。

寝たきりになる一番の原因は「転倒による骨折」だと言うのはご存知の方も多いと思います。転倒する原因も足腰の筋力低下など様々ですが、

耳の聞こえが低下する事で、バランス感覚が崩れて転倒する危険が高くなるとの事でした。

具体的には、普段の声の大きさで聞こえていた人との会話や、テレビの音が、以前より小さく聞こえたり、聞き取りにくくなっていれば、聴力が低下している可能性が高くなり、

20デシベル(音の大きさ)低下すると転倒の危険性が約2倍になるそうです。

転倒が心配だったり、最近フラフラしたり転びやすくなったと感じる方は、もしかしたら聴力の低下が影響しているかもしれません。

なかなか自分ではどれくらい聴力が低下しているか気付きにくいと思われます。実際に自覚があったり、心配な方、もしくはご家族の方で気になる方がいらっしゃいましたら、お近くの各店舗で詳しくお測り出来ますので、ご来店。または来店が難しい場合には、まずはお電話にてご相談下さい。

長崎店  山道

 

 

 

 

Posted in 長崎店 Tagged , , コメントをどうぞ

短歌

こんにちは。熊本店の岩永です。朝夕ヒンヤリする日も多くなりましたね。

当店のお客様であるN様が、熊本県で行われた短歌大会でご入賞されたそうです。
N様おめでとうございます。

ご来店された際に、その短歌を詠んでくださり、とても感動いたしました。

その作品がこちらです。

 

「秋冷の 朝の味噌汁 ほのぼのと 

     阿蘇のトーフも つるりと美味し」

 

お題は「熊本地震」なのだそうです。

 

春に地震があって、復旧、復興にと緊張して過ごした春、夏があっという間に過ぎて

少し落ち着いてきた秋の朝のほっとした様子・・・・と、N様のお人柄もあり、一層心に響きました。

後日、受賞された作品の他の作品も、ハガキに書いて送ってくださいました。


N様は、10年以上になる補聴器のご愛用者様です。
日ごろから補聴器をつけて、季節の色々な音や事柄を探しては、メモにしたためるのだそうです。短歌集も出版されていて、熊本市立図書館でも借りることができます。

ご来店いただく皆様の楽しいお話を伺えるのがこの仕事の楽しみでもあります。
いつもありがとうございます。

それでは、深まる秋、皆様お体にお気をつけて、楽しく元気にお過ごしください。

熊本店 岩永

Posted in 熊本店 Tagged , , , コメントをどうぞ

補聴器を使わない理由2

「補聴器を買ったけど、使っていない」「せっかく買ったのにもったいない」

と言う話がよくあります。

以前ブログで、原因は、「補聴器に問題があるケースがある」

と書きましたが、それ以外に、

補聴器の「選び方」に問題があるケースも多いです。

「間違った補聴器の選び方」はいっぱいあります。



一例ですが、

・Tさんが「この補聴器が良い」と言っていたから同じ物頂戴!

・Hさんは右耳だけで良く聞えてるから私も右耳だけで聞えるようにして!

等、人によって違うのに、思い込んで注文されたりすると、失敗することが多いです。

聴力など、お一人ずつ異なります!

それぞれの方の聞こえにあった補聴器を選ぶことが大切です。



今持っている補聴器が使えない。使いにくい。

といった方は一度当店へお持ちください。他店で購入した補聴器でも、

点検修理や、その人に合っているか、お調べできます。

 

 

 

熊本店 小坂

 

Posted in 熊本店 Tagged , , , , , コメントをどうぞ

音楽療法

こんにちは。 熊本店の岩永です。

今日は、アメリカの友人が紹介していた動画がとても素晴らしかったので、

こちらでも紹介させてください。

 

「パーキンソン病患者さんへの音楽療法」の動画です。

 

パーキンソン病患者さんが音楽を聞くと楽に歩けるようになる場合があるそうなのです。

こちらの動画は全編英語で日本語の字幕はないのですが

見ていただければわかります。

1分16秒までは、パーキンソン病の患者さんが、音楽なしで歩行器を使って歩いています。

その後、音楽が流れてきて、しばらくリズムを取った後、歩行器を使って歩き出されます。

2分40秒あたりからは、なんと歩行器なしで歩かれます。

そして、3分10秒からは、なんと! 衝撃の結末?!


調べてみた所、日本でもパーキンソン病患者さんの歩行障害への音楽療法は注目されているようで、順天堂大学の林明人教授が「パーキンソン病に効く音楽療法CDブック」と言う本をだされています。

アマゾンでその本の説明文には「パーキンソン病では、脳内の歩行リズムの障害があり、
音楽やメトロノームのリズムに合わせて歩行訓練を行うことが有効であると、
これまでにもアメリカなどから報告されていました」とあります。

実際この本を取り寄せて読んでみた所「脳は聴覚の刺激にも反応し、必要なときには耳から入る音のリズムを指標として、歩行リズムを整えることができます。そしてその能力を、人はふだんから無意識に活用しているのです」(p41)とありました。

聞こえと脳というのは、不思議で密接な関係があるのですね。

 

Posted in 熊本店 Tagged , , , , コメントをどうぞ