福岡・北九州・佐賀・長崎・佐世保・諫早・熊本

お電話でのお問い合わせ

ブログ

福岡店

一人ひとりの聞こえに合う補聴器

こんにちは♪近ごろ涙もろくなってきた岩永補聴器福岡店の立石です。

『人は年を取ると涙もろくなる』と昔からよく聞きましたが「本当なんだなー」と実感しています。

年齢とともに涙もろくなるのは、それだけ多くの経験を重ねて若い頃よりも感受性と共感力が高まっているからだと聞いたことがあります。

私たちは補聴器で日々聞き取りのサポートをしていますが、お客様やそのご家族様が、補聴器を使うことで会話が自然にできることに驚き喜び、感極まって涙されると私も一緒に涙が溢れてしまうことが増えました。

補聴器を一人ひとりの聞こえに合わせるには感受性と共感力が大事

快適に使えるを補聴器を選び、より良い状態で使い続けてもらうためには、お客様の変化していく「聞き取る力」「聞き取りたい環境」「聞こえ方」などを読み取り一人ひとりの聞こえに合わせて補聴器を調整していくしかありません。

聞き取る力を知るためにはもちろん正確な聴力測定は欠かせませんが、それ以上に測定結果には出てこないお客様の音や言葉の捉え方を私たち補聴器の専門家が感じ取り補聴器の調整に反映させてはじめて「一人ひとりの聞こえに合う補聴器」になると思っています。


測定結果に出てこないお客様の聞こえ方や感じ方をた知るには直接お客様の言葉で伝えていただくのが一番ですが、お客様にとって聞こえ方や聞こえの要望を言葉にして専門家に伝えるのはたいへん難しいことだと思います。ときには上手く伝えることできずにもどかしく感じる方もいるかもしれません。

私たち補聴器の専門家がが測定結果やお客様がうまく言葉にできない想いを感じて調整していくために、もっと感受性と共感力を磨いていかなくてはいけないなと思いました。

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

福岡店に帰ってきました。

こんにちは!福岡店の光安です。

9月からまた福岡店のスタッフになりました。二年ぶりに帰ってきたので、また福岡のお客様とお会いできるのがすごく楽しみです!

黒崎店で培った経験と知識を福岡のお客様に還元できるようにまた頑張ってまいります。

聞こえでお困りのことがあれば何なりとご相談ください。補聴器のお掃除、音の調整、聴力測定等、一つ一つ丁寧にさせていただきます。ご来店が難しい場合でも出張訪問できますので、お気軽におっしゃってくださいね。

それではお会いできる日を楽しみにしています(^^)/

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

オーダーメイドな補聴器

こんにちは。

先日、弊社から出している耳穴型補聴器の案内を見て当店のお客様から問い合わせがありました。
内容は「今使用している耳かけ型はマスクと眼鏡で取れやすいから、この耳穴式補聴器を検討している」というものでした。

今の時期、眼鏡とマスクで耳かけ型が使いにくいと言われる方が増えています。
それでも耳かけ型が良いという方も一定数いらっしゃいますが、マスクにも眼鏡にも影響が少ない耳穴型の需要は増えています。

そして、ここからが大事なのですが、ある条件を出されました。
その条件とは

・お客様ご自身のこれまでの聞こえの要望・音の好みを耳穴型補聴器は満たせるのか。
・耳穴の形から、入れやすく綺麗に収まる形にできそうか。
・案内に記載している耳穴型補聴器を実際に使用している他のお客様の声から、自分にお薦めできると胸を張って言えるか。

上記の事を踏まえ、今度お店に行き話を聞いて購入するかどうか決めたい、との事でした。

自分に合った聞こえを提供してくれる使いやすい補聴器を作りたいというお話です。
この条件は当たり前ではあるのですが、補聴器を作るうえで一番大切なことでもあります。

補聴器は全てオーダーメイドです。
補聴器選びの時点から、ひとり一人の聴力に合わせてスピーカーの大きさや音の入れ方を決め、聞こえや形状の好み、使いやすさからどういう物が良いのかお客様と一緒に考えます。
そして、ご購入後は選択した性能を活かすための細かな調整を始めるのです。
耳かけ型も耳穴型もオーダーメイドです。
一つ違う点は、耳穴の形に合わせて製作するかどうかになります。
※耳かけ型でも耳栓を耳穴に合わせて製作することはあります。

画一的に補聴器を決めて設定し、音を増幅しても満足できる聞こえにはできません。

私たちは、お客様の聞こえを第一に考え補聴器をご提案しています。

目の前のお客様をしっかり見て「この方にはこういう機能があったら要望されている場面で聞きやすくなるな」「この方は音にはとても敏感だけど音量感は求められるからこのメーカーの音は合いやすいかな」等考えています。

自分にはどんな補聴器が合うんだろうか?とお悩みの方、また、一緒に親身になって考えてくれる補聴器店をお探しの方は、ぜひ弊社各支店までご相談ください。

福岡店 岩崎

 

 

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

コロナに負けない聞き取り対策

こんにちは♪
岩永補聴器 福岡店の立石です。

夏になり、冷たい飲み物がおいしい季節になりましたね。

私は出勤前にカフェで冷たいアイスコーヒーを飲みながら読書するのを日課にしているのですが、先日カフェで少し困った出来事がありました。


立石:「アイスコーヒーのSサイズください」
店員さん:「アイスコーヒーLサイズですね」
立石:「はい」

小さいサイズ(S)を頼んだつもりが大きなサイズ(L)を渡されたのでビックリしました。

マスクを着用してビニールカーテン越しでの会話は当然聞き取りにくなります。


私も店員さんもS(エス)L(エル)の音をうまく聞き取れていなかったんですね。

違うサイズの商品を渡されたときに初めて「会話の行き違い」があったことに気づいたのですが、訂正するのが申し訳なくってそのまま大きなサイズのアイスコーヒーを受け取りました。

【マスクや薄いビニールでも大きな隔たりに】

マスクビニールカーテン、さらにソーシャルディスタンス(感染防止のための人と人との距離)を確保するとなると、少し聴力が低下している方や補聴器を使っている方にとっては買い物や病院など普段の生活の中でも言葉が聞き取りにくくてお困りではないでしょうか。

ですが言葉が聞き取りにくくても公共の場ではマスクをはずしたりビニールカーテンをよけたりはできません。


このようなときは私たち補聴器の専門店にご相談ください。

少し聴力が低下している方は、聴力の低下具合に合わせた補聴器を使うことで聞き取りが改善することも多いです。

補聴器をお使いの方は補聴器の調整や設定で小さな声をやや強調することで言葉がわかりやすくなることがあります。

今は大変な時期ですが、コロナに負けない聞き取り対策で乗り越えていきましょう。




岩永補聴器福岡店の最新情報が届きます!
ぜひLINEで「友だち追加」してください♪

友だち追加

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

アマビエ団扇

こんにちは。福岡店の寒竹です。

例年7月のこの時期といえば、福岡の町は山笠一色でとても賑わっているのですが、今年は新型コロナの影響で博多祇園山笠の開催が見送られてしまいました。とても残念です。
そんな中、福岡店のある川端商店街では少しでも商店街に来た人が山笠気分を味わって笑顔になって欲しいとの願いから色々な取り組みがなされていますのでご紹介します。
まずアーケードの垂れ幕。
いつもでしたら博多弁番付のみなのですが、今は加えて新型コロナ対策「ようと手ば洗いんしゃい」や収束を願う「コロナに負けんばい 疫病退散」など博多弁メッセージの垂れ幕がかかっています。

長谷川法世さんの山笠バージョンです。
ひとまわり大きな垂れ幕なのでとても目をひきます。
その間には毎年恒例の七夕飾りも涼しげに風になびいています。

次に山笠の団扇。
従来は走る飾り山笠の団扇を作って配布しているのですが、今年は疫病退散の願いを込めてアマビエの団扇を作っています。
アマビエとは皆さんもご存じの通り、日本に伝わる妖怪で疫病退散にご利益があるとされています。

福岡店でもご来店いただいた方にプレゼントいたします。
またこのアマビエの塗り絵コンテストも実施されています。
新型コロナや豪雨被害で暗い話題ばかりですが、
皆さんで乗り越えましょう。
ご来店お待ちしております。

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

福岡店のお客様へ

皆さんこんにちは。

福岡市南区大橋にできた岩永補聴器グループの新店舗「ヒアリングデザイン」。
とっても綺麗でくつろげるお店なので皆さんどしどしお越しください。

福岡店のお客様からも、ヒアリングデザインについてよく尋ねられます。
「向こうに行っても良いの?」
「電池とか点検とかここと同じようにしてもらえる?」
「南区の人紹介して良い?」
etc

はい!ぜひご活用ください!!
ヒアリングデザインのスタッフと福岡店のスタッフはより良いサービスを提供できるよう常に連携を取っており、いつも笑顔でお客様をお待ちしています。

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

補聴器でリモート帰郷

こんにちは♪岩永補聴器 福岡店の立石です。

「母の日」は5月の第2日曜日でした。「父の日」は6月の第3日曜日ですね!
例年であれば実家のご両親に会うため帰省する方も多いと思います。

しかし今年はコロナウィルス感染症の影響で実家への帰省を見送ている人も多いのではないでしょうか?

今では遠くに住む家族と電話ビデオ通話などで連絡を取り合う「オンライン帰省」が推奨されていますね。


しかし難聴で困っている方にとって、電話での会話はわかりづらく億劫なものです。
直接向かい合って話せば会話ができていても、電話になると途端に意味が伝わりにくくなることがあります。

 

電話が聞き取りにくい理由は、「受話器からの音だとハッキリしない」「いつもの会話と違い片耳だけで聞かなければいけない」「相手の表情や口元が見えないため内容の予測がつかない」などがあり、電話で会話をするためには会って話すときよりも集中力が必要で、会って話すときの何倍も疲れるそうですよ。

そこでお勧めしたいのが、スマートフォン対応の補聴器を使ったビデオ通話によるオンライン帰省です。

最新の補聴器はより便利に進化しました。補聴器として日常の会話の聞き取りを手助けしてくれるだけではなく、無線通信システム電話やビデオ通話の音声を直接耳に届けてくれる高音質イヤホンとしても使うことができるようになりました!


スマートフォンのLINEなどのアプリを使ってビデオ通話で連絡を取り合えば、「補聴器で声もハッキリ」「両耳で楽に聞き取れる」「相手の表情や口元も見やすい
など、電話だけの会話よりも快適に会話ができるようになります。

スマートフォン対応の補聴器は店頭でも体験できますのでお気軽にお申し付けください。


 

岩永補聴器福岡店の最新情報が届きます!
ぜひLINEで「友だち追加」してください♪
友だち追加

Posted in 福岡店 Tagged コメントをどうぞ

補聴器で毎日の耳トレを

こんにちは♪近ごろ運動不足でほんのちょっぴり?体重が増加した福岡店の立石です。

心と体の健康維持のためスポーツジムでのトレーニングを日課にしていましたが、利用しているジムがコロナ禍の影響で今でも営業自粛が続いています。ジムに行けない分、自宅でトレーニングに励めばよかったんですが、自宅だと自分に甘くなってしまうためかサボり癖が出てしまってお腹にまわりいらないお肉が・・・。

自宅から出なくでもできる運動を続けておけば良かったなとすっかり後悔しています。

【耳もサボると衰える?】

毎日の運動を疎かにして筋肉への刺激が減るとカラダも衰えてしまいますが、実は言葉を聞き取る力も毎日の音の刺激が減ると衰えてしまうことをご存知でしょうか?

コロナ禍の影響で外出や人と会うことを控えている方が多いと思います。その努力の甲斐もあって、今の時点では感染者も確実に減ってきていますね!

しかし、人と会わないため会話をする機会も減ってしまいました。外出時や人と会うときは補聴器を使っている人も「外出する機会が減ったため補聴器を使わなくなった」「人と会話しないし、補聴器の電池がもったいないからしまい込んでいる」という方も多いかもしれませんね。

【会話しなくても補聴器を付けててほしい】

話さないから補聴器はいらないと考えてしまうのは当然だと思いますが、日常の生活音の中にも耳を刺激してくれる音がたくさんあります。その日常の生活音が聞き取る力の維持に重要な役割を果たしてくれています。

コロナウィルスが収束したら遊びに行きたい場所会いたい人がいると思います。そのときに会話をしっかり楽しむためにも、家でも毎日補聴器を使って聞き取る力が衰えないように心がけてみませんか。

電池がない方やメンテナンスが必要な方で、補聴器店まで行けなくて困っている方は自宅へ訪問もできます。お気軽にお尋ねください。

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

高・重度用補聴器【オーティコン エクシード】


こんにちは。福岡店の岩崎です。

少し前になりますが、補聴器メーカー「オーティコン」より、高・重度難聴者向け補聴器【オーティコン エクシード】が発売されました!

オーティコン エクシードは、聞き取りがもっとも難しいと感じるにぎやかな場面でも、独自の新たな技術によって聞こえを助け、これまでよりずっと会話が捉えやすくなるパワー型補聴器です。
騒音に煩わされることなく、聞くための努力を減らし360°のパノラマの音風景を皆様に与えてくれます。

オーティコン エクシードにより開かれた新たな音風景、ぜひ試してみませんか?

岩永補聴器では、現在春の補聴器フェアを開催しております。
ご興味がある方は、ぜひお気軽にお問合せください。

Posted in 福岡店 コメントをどうぞ

補聴器と歯の定期健診のお話

こんにちは♪近ごろ、歯の定期健診に行くのが習慣になっている福岡店の立石です。

最近、日本でも予防歯科の重要性が注目されていますが、みなさんは歯医者さんで歯の定期健診を受けていますか?

「毎日、歯を磨いているから大丈夫」

「痛みもないのに歯医者に行っても・・・」

「お金がかかりそうだなー」

という理由から、「痛くて眠れない」「歯の詰め物が取れた」「固いものが噛めない」など困ったことがあったときにだけ歯医者さんに行く人が多いと思います。実は私自身も2年前までは同じでした。


2年前に奥歯の詰め物が取れたことがありました。その時は痛みもなく、反対側の奥歯でなら固いものも噛めたので、忙しいことを言い訳にしてしばらく放置していました。

しばらくたって、今までに経験したことのない歯の痛みに襲われて歯医者さんに駆け込むことに・・・。

「もし痛みが出たら、そのときに歯医者へ行って詰め物をしてもらったら大丈夫!」と自分の歯や取れた詰め物のことを簡単に考えていたんですね。今考えるととても恥ずかしいです。

その後、技術があって信頼できる歯医者さんに巡り合えて、歯を守るための定期健診の大切さを教えてもらえました。

 

歯科医による定期健診は重要!

 

歯の役割は、食べ物を噛んですり潰すだけではありません。歯ざわりや触感で食事の楽しさを広げたり、発音の手助けや表情にも大きな影響があるんですね!

噛むことで脳へもたくさんの刺激が伝わっているそうです。ですので、脳の発達や認知症にも深い関わりがあると言われているらしいです。

歯の定期健診をするることで、虫歯や歯周病を未然に防ぐこともできますし、病気の早期発見ができれば、治療も負担が軽くて済みます。さらに普段の歯磨きでは落としきれない歯と歯の間の歯石などを徹底的に取り除くので口の中も衛生的です。

一番のメリットは、歯を良い状態に保つことで食事や会話を自然にかつ健康的に楽しめることです。

補聴器も定期健診が必要なの?

 

岩永補聴器グループでは定期的な補聴器の点検、聴力の測定、音質調整習慣になってきているお客様がここ数年で増えてきました。

季節の変わり目ごとにメンテナンスにいらっしゃる方が多く、中には月に一度は補聴器の掃除に持って来られるお客様もいます。

補聴器を「ただの道具」として簡単に考えるのではなく、生涯使う「体の一部」と考えて大切に扱うものとお客様の意識が変わってきているのかもしれませんね。

私たちも「補聴器はお客様の体の一部」と捉えて大切にお取り扱いしています。

 

補聴器のプロによる定期点検は重要!

 

補聴器を上手に使うと、言葉が聞き取りやすくなって会話が楽しくなります。さらに、身の回りのさまざまな音が聞こえるようになって、毎日の生活に張りが出てきます。

それに、しっかりと自分の周囲の状況を把握することで、危険を未然に防ぐこともできます。さらに近年では脳への影響も注目されており、医学的にも難聴は認知症と深い関わりがあるのではと言われ始めました。

補聴器の定期点検をすることで、補聴器の不具合を未然に防ぐこともできますし、故障の早期発見ができれば、修理の負担も軽くてすみます。さらに普段のお手入れでは落としきれないフィルターの汚れや、機械の内部に入り込んだ湿気も取り除くことができるので衛生的に使えます。

一番のメリットは補聴器を良い状態に保つことで会話を自然にかつ健康的に楽しめることです。

 
もちろんご自身での毎日のお手入れも大切ですが、キレイにしているつもりでも汚れや湿気は残ってしまいます。「補聴器のプロ」がいる岩永補聴器グループで定期点検を習慣にして大切な補聴器を良い状態で長持ちさていきましょう。

Posted in 福岡店 Tagged , , コメントをどうぞ