福岡・北九州・佐賀・長崎・佐世保・諫早・熊本

お電話でのお問い合わせ

ブログ

黒崎店

音の周波数

こんにちは、黒崎店です。

補聴器の普及率は、国によってさまざまですが。
それは、補聴器の持つイメージや福祉の充実の違いで変わってくると思っていましたが、他にも理由があるようです。

母国語それぞれの固有の周波数帯があり。


 

日本語の周波数帯は、125~1500ヘルツ  世界の中で最も低い周波数帯            英語の周波数帯は、2000~12000ヘルツ  世界の中で最も高い周波数帯

低い音というのは、太鼓のような音(ドンドン・ブーなど)です。

高い音というのは、鈴のような音(リンリン・ピーなど)です。

とくに英語の「t」や「h」や「sh」、「r」や「l」など聞き取るのも、発音するのも難しいです。

人は高い音から聞こえにくくなってくるので、英語をはじめ、高い周波数帯の言語を持つ国の人々は、早い年齢の段階で不自由さを感じているので、使う人も沢山いることがわかりました。

アメリカやヨーロッパなどトップレベルの補聴器が開発されているのも納得できます。

日本語の周波数帯が低いとはいえ、高い音が聞き取りにくいと気づくのはなかなか難しい時があります。家族の方も注意していてあげて頂きたいです。

補聴器や聞こえの事なら、専門店へご相談ください。

店員一同お待ち申し上げております。                      黒崎店 北村

 

 

Posted in 黒崎店 コメントをどうぞ

年女

あけましておめでとうございます。
黒崎店の本田です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

私、子年の生まれでして、2020年は「年女」なんです。


そのせいなのか、年末年始は例年にないほど
ねずみさんのように、チョロチョロと忙しく動き回っていました。
あっちへチョロチョロ、こっちへチョロチョロ・・・
おかげで、少々バテ気味でしたが、大好きなビールを給油し
マッサージチェアの力を借り、エネルギー補給をいたしました。

年女に相応しい新年の幕開けとなりました。

今年の黒崎店も元気に頑張ってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

黒崎店 本田

Posted in 黒崎店 Tagged , , コメントをどうぞ

いろいろな備え

こんにちは、黒崎店です。

朝・晩と冷え込みが厳しくなってきました。

お客様がご来店下さると、とても有難いと感謝の気持ちになります。

 

点検や掃除で補聴器をお預かりすると、年数によっては音が弱くなっていたり錆などの状態を詳しくお知らせしています。

 

これは、補聴器に何かあってからでは、お客様にご不便をおかけするので、前もってお伝えしています。そうするとお客様も、もうそろそろ替え時なのだと思っていただけます。


しかし、替え時なのかと残念に思われるかも知れませんが、悪い事ばかりではありせん、音が弱くなっている状態なら古い補聴器はまだ役目があるのです。

故障の時や突然の災害の時の予備として活躍できます。

故障の時は、代りの補聴器をご用意しますがお使いの物と同じものがご用意できない場合がありますし、耳穴型をお使いの方は耳掛け型しかご用意できません。

ご不便をおかけしますので、使い慣れた予備の補聴器があると安心ですよ。

 

防災の場合は、高齢者の方の備えておいた方がいい物は、杖・眼鏡・口腔ケアー用の入れ歯洗浄剤・補聴器・補聴器用電池などいろいろ本に書いてありました。


 

重要なのは、新しい物でなく使い慣れた道具であること。

慌てて避難していつもの眼鏡を落としたり補聴器を忘れたりいろいろ考えられるので、

防災袋や貴重品の中に使って古くなったけど、なくてはならない必需品を入れておくと安心ですよ。


古い補聴器も乾燥ケースに入れて、いざという時に活躍できるようお掃除に点検と是非お店にお持ちになってください。

お店に来るのが難しいお客様は、是非訪問もご利用下さい。

店員一同お待ち申し上げております。

 

黒崎店 北村

 

 

 

Posted in 黒崎店, 未分類 コメントをどうぞ

長いおつきあいに、感謝

あともう少しで12月。
日に日に寒くなっているような気がします。
本日のブログは、超寒がりの黒崎店本田がお送りします。

さてさて、補聴器は購入後のアフターサービスがとても大切で、購入した後からお客様と店との長いおつきあいがはじまります。
アフターケアを受けていただくために、ご来店やご訪問していただきますが、その後のお客様とのおしゃべりには地域の情報や、参考になる事も多く、私たちの楽しみの一つです。
「最近、健康のためにテレビ番組で見たストレッチ運動をはじめたんよ」
「この間、あそこに新しくできたスーパーは、新鮮で美味しかったよ。行ってみてん」
「これは、西洋瓜なんだけど、こんな風に食べると美味しいよ」
↓これがE様からの西洋瓜。千切りして塩もみすると、クセがなく美味しい。

「うちの庭のレモンが、今年も沢山の実をつけたよ!食べてみてん!」
↓八幡西区のI様から毎年いただくレモンで作る「本田特製レモン鍋」


私はI様から頂くレモンでしかレモン鍋を作らないので、一年に一度の楽しみです!
何年か前に、このレモン鍋をブログで紹介したところ「レモン鍋の記事を見た。美味しそうやね」というお客様が、わざわざ遠方から来てくれたこともありました。

沢山の方と色々なお話をすることができて、とてもありがたく思います。
お客様とのご縁に感謝して、栄養をしっかりとって、今年の冬も寒さを吹き飛ばします!

黒崎店 本田

Posted in 黒崎店 Tagged , , コメントをどうぞ

物忘れと認知症

こんにちは、黒崎店です。

お客様とお話をしていてよく出てくる話題は、「認知症」。
気になりますよね。

物忘れと認知症の一番の違いは、簡単に分けると
自覚があり、生活に支障がなければ ⇒ 物忘れ
自覚がなく、生活に支障がある    ⇒ 認知症だそうです。

認知症予防には
1、生活習慣病の適切な治療 (糖尿病・高血圧など)
2、適度な運動       (散歩・スポーツなど)
3、適切な食習慣      (野菜・魚介類など)
4、余暇活動        (囲碁・将棋・映画など)
5、社会参加        (友達と会う・旅行・ご近所付き合いなど)
6、精神活動        (おしゃべりをする・笑うなど)

が上げられます。

補聴器は、『社会参加』や『精神活動』に役に立つと思います。

聞き返しが多くなり話すのがためらわれたり、人に会うのがめんどくさくなる前に、

聴こえを改善すれば良くなる問題は早めに解決した方がいいかと思います。

本人は自覚がないので、意欲低下になるまえに、ご家族が気づきおしゃべりをして確認が必要かもしれませんね。

補聴器の操作や装用の仕方、簡単ではありませんが、みなさん練習して少しずつでも上手になられています。あきらめずに社会参加して行きましょう。

毎月の補聴器の点検と掃除をおすすめします。

来店の難しいお客様は、訪問もご利用下さい。寒くなってくると訪問予約も早めに埋まってくるのでご注意ください。

店員一同お待ち申し上げます。    黒崎店 北村

 

 

Posted in 黒崎店 コメントをどうぞ

この仕事ならでは

こんにちは。黒崎店の本田です。

世の中の様々な職業には、その数だけ仕事特有の癖のようなものがあるかなと思います。
私達にも、この仕事特有の癖のようなのがいくつかありまして、その一つに、話し方や音に
敏感というものがあります。
これは音の高さや大きさ、話し方の特徴やスピード、また、生活での物音など色々な場面で、ついつい音が気になってしまいます。

しかし聞こえづらくなった方は、この反対になってしまいます。
難聴になると、周りの音だけでなく自分自身が出している物音も、他の人に比べて気づきにくくなります。自分の出している物音が小さくしか聞こえなくなり、なかには所作が荒くなってしまう方もいます。

補聴器を着け、これまで普段の生活で自分自身が出していた音を知り、驚かれる方も多いです。
「グラスを置くと、こんな音がするのか」
「ドアを閉めたらこんなに音がしてたのか。もう少しそっと閉めようかな」などなど・・・
補聴器をつけると、聞こえが良くなるだけでなく、こういった点も様々な変化が表れます。
先日のお客様は、囲碁の石を打つ音がまったく聞こえなかったのに、こんな音だったなんて!と驚かれていましたよ。

このあいだ黒崎店に珍客がご来店。
お店の自動ドアの前で大きな声で叫んでいました。
そのお客様は・・・



いやいや、こんなに軽いと自動ドアも反応しませんよ。
でも、可愛い姿に癒されました。スズメさん、またお待ちしてます。

小倉補聴器 黒崎店

Posted in 黒崎店 Tagged , , コメントをどうぞ

ラグビーワールドカップ

こんにちわ  黒崎店です。


今日から4年に一度のラグビーの祭典、ワールドカップ 日本大会が開催されます。

 

大会は9度目でアジアでは初開催だそうです。

9大会連続出場の日本は、2015年イングランド大会で強豪の南アフリカを破るなど3勝を挙げたものの1次リーグを突破できず、今大会では8強入りを目指しています。

日本の各地で試合がおこなわれますが、九州では福岡・熊本・大分で観戦することができます。今日から42日間とても楽しみです。

凄いパワーとフェアープレイ精神がとても男らしさを感じます。

仕事柄、「あんなに体当たりや力を出して目や耳・歯など大丈夫かしら?」

と思ってしまいます。マウスピースなどを使って体を守っていると思いますが、怪我が少なくて済むよう願ってしまいます。


観戦を楽しみにしているみなさん、補聴器を万全な状態にして応援にのぞみましょう。

少しの耳垢でも音の出方が変わってきますので、補聴器のお掃除にぜひご来店ください。

ご来店が難しいお客様は、無料で訪問もしております。どうぞご利用下さい。

店員一同お待ち申し上げております。                黒崎店 北村

Posted in 黒崎店, 未分類 コメントをどうぞ

「音」の力

突然ですが、全国屈指の紙の町・愛媛県四国中央市で毎年8月に行われている
「書道パフォーマンス甲子園」をご存知でしょうか。
縦4m、横6mの紙に、チームでパフォーマンスをしながら、6分で書道の作品をつくり競う、書道をしている高校生憧れの大会です。末娘が念願の出場を果たし、私もイソイソと応援に行ってきました。

書道パフォーマンスは書の技術はもちろんですが、とても大切なのが書に迫力を与える「音」
音の力で、書に力強さが加わり、作品の芸術性が高まります。
例えば、とても綺麗な映像でも、音がないと本当に伝えたいイメージが伝わらない。
しかし、映像に音が加わると、迫力が増して、相手に感動を与える。
本当のイメージを伝えるためには「音」が必要不可欠だと改めて思いました。
どの学校も「音」を効果的に使い、自分たちの書を見事に表現していました。

ちなみに、大会初の三連覇が懸かっている娘たちの学校は・・・
三味線の音とロック音楽に合わせた独自の力強い書体、北斎の富嶽三十六景を字で表現した
斬新な作品を披露。しかし、結果は惜しくも準優勝・・・子供達の目には大粒の悔し涙。
しかし、筆に思いを込めた子供たちの真剣な姿に、大きな成長を感じました。

もうすぐ九月。まだまだ暑いですが、暦のうえでは芸術の秋。
音楽に合わせ、好きな言葉を筆で書く。皆さんも、いかがでしょうか?

黒崎店 本田

Posted in 黒崎店 コメントをどうぞ

健康は偶然じゃない

こんにちは、黒崎店です。

戦上手で知られた伊達政宗(戦国大名)1567-1636ですが、医者も認めるほどの豊富な医学知識を持っていました。

「政宗公御名語集」にはこんな記述があります。

『日ごろから政宗公は自身の脈をとり、悪寒や熱を感じたときなど、また自身の見立てに      疑問が生じるとすぐに医者を呼び出し相談のうえで治療した。』

日々の体調の変化に気を配っていたことがわかります。

医学の知識を身につけ専門家の意見を傾聴して、健康に対する真摯な姿勢こそが、健康を保つ秘訣なんだそうです。

 

ご来店いただくお客様も、生活の中でいろいろな気付きがあり

社会活動の維持や健康を保つ事を真摯に考えていらっしゃるんだなと考えるようになりました。

笑顔で健康な人ほどいろんなことに気付いて行動を起こしているのかもしれませんね。

補聴器のことや、脳に関する情報などお客様の知らないことがあるかもしれません。


聴こえにお困りの時は、是非各店舗にお越しください。

来店の難しい方は、無料訪問もありますのでご利用下さい。

従業員一同お待ち申し上げております。

 

黒崎店 北村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in 黒崎店 コメントをどうぞ

ワンコ用補聴器

こんにちは。黒崎店の本田です。

私が家に帰ると一番喜んでくれるのが二匹のパグワンコです。  
私の車のエンジンの音が聞こえると、家から「ワオ~ンワオ~ン(おかえり~)」と喜びの声が。
しかし最近、お姉さん犬の黒パグが、年齢のせいか聞こえづらくなり、 私が部屋に入るまで私の帰宅に気づかなくなってしまいました。
大好きな三つの言葉「ごはん」「おりこうさん(おやつ)」「さんぽ」も 大きくはっきりでないと聞こえず。

獣医の先生も「動物も人間と一緒で、年齢とともに目は見えづらく、聴力は落ち、歯茎も弱くなってきたり・・・元に戻す薬はないんですよ」とのこと。  
「犬用の補聴器ってないのかな」と思い、ネット検索してみると、補聴器のようなものはあるようです。音を捉え、それを振動に変換し、犬に取り付けている機械に送るような仕組み。
先天性の難聴の犬のために開発されたよう。
これを発明した人はきっと、かなりの愛犬家。ただ、言葉をとるようなものではなさそう。

私も愛犬家&聞こえのプロとして、愛犬が使えそうな空想の補聴器を考えてみました。
少々お付き合いください。
基本は、耳穴補聴器で、耳の型取りをして、耳の中にイン。 しかし、パグは垂れ耳なので、音をとるマイクは耳の中に入れずに、首輪部分の可愛いリボンに組み込む。マイク音声をワイヤレスで耳穴補聴器に送る仕組みで、性能と見た目の可愛さも追求。

聞こえが良くなったらワンコ自身も生活が楽しくなり、家族の私もしあわせに。

でも、補聴器をつけるためには「正確な聴力測定」がとても大切。ワンコはこれが難関。
測定の時に「ヘッドフォンからピーピーとかプープーとか少しでも聞こえたら、お手してね」 はたして、これが伝わるのか・・・

近い将来、こんな動物用の補聴器が発明されることを祈ります。

Posted in 黒崎店 Tagged , , コメントをどうぞ