福岡・北九州・佐賀・長崎・佐世保・諫早・熊本

お電話でのお問い合わせ

ブログ

玄米ご飯


今日は「大寒」です。その名の通り北風が強く寒い1日だそうです。
暖かくしてお過ごしください。

我が家では年に何回か飯塚市の八木山高原へお米を買いに行っています。
こちらのお米は八木山高原の一部でしか収穫されない希少なお米です。
良い水と土と寒暖差の大きいところで作られたコシヒカリで少し小粒ではありますが、
甘味のある美味しいお米なのです。
先日も義父達と2袋購入しました。しっかり精米日を確認して。
何日かして米櫃が空になったので美味しいお米が食べられると思い、米櫃に移してみると
何だか茶色い。えっと思い、よーくよーく見てみると玄米ではないですか。
ラベルシールにはちゃんと「精米」と書いてあるし、精米した日の記入があります。
あーお店の方が間違ったのね。義父に「玄米だったから後で精米しに行きましょうね。」
と電話すると「うちのは、白米だよー。」我が家の分だけ玄米だったのです。








仕方ないので交換してもらうか、精米しに行こうかと思っていたら、
家族の者達が「玄米ご飯を食べてみたい」と言い出しました。
では一回だけ食べてみるかということになり、美味しい炊き方を調べました。
2・3回洗い、6時間程水につけておき、後は炊飯器の玄米コースにお任せです。
81分と表示されたのでいつもより30分程長く炊き上げるんですね。
出来上がると少し蒸らし、オープン。
ふあっ~と糠の香りが漂います。
家族の感想はふっくらして食感もあって美味しい、時々食べたいというわけで
精米することなく、週に一回ほど玄米ご飯の日が設けらるようになりました。












玄米は何だか消化が悪そうだと思っていたのですが、食物繊維が豊富な上、
ビタミンB1が白米の8倍、マグネシウムなどのミネラルが7倍などと栄養満点食品だったのです。
そういえば最近、玄米食がブームになっていましたね。
皆さまも健康に気をつけて、玄米ご飯を食べてみてはいかがですか。

福岡店の近くの櫛田神社では2月の節分に合わせ、「大お多福面」が飾られています。
ご来店された際にでもお多福の口をくぐってみてください。

                                福岡店 寒竹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です