福岡・北九州・佐賀・長崎・佐世保・諫早・熊本

お電話でのお問い合わせ

ブログ

コロナに負けない聞き取り対策

こんにちは♪
岩永補聴器 福岡店の立石です。

夏になり、冷たい飲み物がおいしい季節になりましたね。

私は出勤前にカフェで冷たいアイスコーヒーを飲みながら読書するのを日課にしているのですが、先日カフェで少し困った出来事がありました。


立石:「アイスコーヒーのSサイズください」
店員さん:「アイスコーヒーLサイズですね」
立石:「はい」

小さいサイズ(S)を頼んだつもりが大きなサイズ(L)を渡されたのでビックリしました。

マスクを着用してビニールカーテン越しでの会話は当然聞き取りにくなります。


私も店員さんもS(エス)L(エル)の音をうまく聞き取れていなかったんですね。

違うサイズの商品を渡されたときに初めて「会話の行き違い」があったことに気づいたのですが、訂正するのが申し訳なくってそのまま大きなサイズのアイスコーヒーを受け取りました。

【マスクや薄いビニールでも大きな隔たりに】

マスクビニールカーテン、さらにソーシャルディスタンス(感染防止のための人と人との距離)を確保するとなると、少し聴力が低下している方や補聴器を使っている方にとっては買い物や病院など普段の生活の中でも言葉が聞き取りにくくてお困りではないでしょうか。

ですが言葉が聞き取りにくくても公共の場ではマスクをはずしたりビニールカーテンをよけたりはできません。


このようなときは私たち補聴器の専門店にご相談ください。

少し聴力が低下している方は、聴力の低下具合に合わせた補聴器を使うことで聞き取りが改善することも多いです。

補聴器をお使いの方は補聴器の調整や設定で小さな声をやや強調することで言葉がわかりやすくなることがあります。

今は大変な時期ですが、コロナに負けない聞き取り対策で乗り越えていきましょう。




岩永補聴器福岡店の最新情報が届きます!
ぜひLINEで「友だち追加」してください♪

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です