Tag Archives:

「難聴」と「認知症」の関係

興味深い記事を読んだので、ご紹介します。



「難聴」は認知症の危険因子 うつ病リスク2.4倍とのデータも

65歳の2~4割、75歳以上で約半数が悩まされる「難聴」。「歳を重ねれば、誰だって耳が遠くなる」と思っていないだろうか。しかし、難聴が様々な疾患につながっていくケースは少なくない。

老人性難聴が引き起こしやすい疾患としては、まず認知症が挙げられる。相手の話していることが聞き取りにくくなると、だんだん話すことが億劫になり、相手の話を聞かなくなってコミュニケーション能力の低下を招く。

『あぶない! 聞こえの悪さがボケの始まり』の著者で、川越耳科学クリニック院長の坂田英明医師が解説する。

「耳から入った音は脳に達し、記憶を司る海馬や、喜びや不安のもととなる扁桃体などを含む大脳辺縁系を刺激します。難聴になるとこの刺激が少なくなって脳機能が低下し、認知症やうつ病を発症しやすくなる。人との会話を避け、孤立化することで症状がさらに進みやすくなる。

認知症の発症リスクを最も高めるのは加齢で、それに次ぐのが難聴です。認知症の人の80~90%が難聴を患っています」

2015年に厚労省が発表した「認知症施策推進総合戦略」でも、聴力の低下と認知症には深い関連があると言及されている。

2017年には国際アルツハイマー病会議が「難聴は認知症の最も大きな危険因子」と発表。また、米国の成人1万8318人を調査した研究では、中等度聴覚障害群のうつ病リスクが2.4倍に達したという報告がある。

・・・・・・

※週刊ポスト2020年3月20日号

NEWSポストセブン より一部抜粋



「話すことが億劫になって、コミュニケーション能力が落ち、認知症につながる」というのは、昔から経験則や、推測として言われてきました。

そして、2015年に厚労省が発表した「認知症施策推進総合戦略」、2017年には国際アルツハイマー病会議から、研究結果として報告され、ある程度証明されました。

ということで、補聴器でコミュニケーション能力を改善させることが、認知症への対策の一つと医学的な根拠を持って言えると思います。

なお、原文には続いて、免疫に関する話などもありますので、見てみてください。

<原文へのリンク>

会議でプレゼンをする人のイラスト(女性)
 

熊本     小坂

Posted in 熊本店, 未分類 Tagged , , コメントをどうぞ

こんな時だからこそ・・・

こんにちは。熊本店の岩永です。
新型コロナウイルスの影響で、いろんなイベントが中止になり、外出もままならなくなりましたね。 家にいてテレビを見ていても、このニュースばかりで、気が滅入ってしまいますね・・・。

家にじーっとしている今だからこそ、手軽に始められる頭と体の運動「コグニサイズ」をしてみませんか? 昨年当店でイベントを開催しましたが、大好評でした。

一人でも簡単にできますよ。無理をせず各自のペースで行ってください。
1.まず椅子に腰かけた状態で足踏みをしてください。なるべく足を高く上げるのがポイントです。
2.足踏みをしながら50まで数を数えます
3.50まで数えながら3の倍数の時に手をたたきます。3,6,9,12・・・


いかがでしたか?
足踏みがおろそかになっていませんか? 手をたたくのを忘れませんでしたか?!
間違えてもOKです。 間違えてふふふと笑うこともまた良いことなのだそうです。

慣れてきたら、3の倍数以外でしてみたり、10分以上続けてみたりしましょう。
そのほか、散歩の時に100から7ずつ引いてみたり、運動をしながら頭を使うということで、コグニサイズができますよ。
もちろん補聴器を使用して、お耳の健康も大切にしてくださいね。

熊本市のホームページでも、「自宅でも簡単にできる筋力アップ運動」がありました。
こちらも参考にされてくださいね。

なかなか外に出られない方には、無料で訪問サービスもしております。
お気軽にご連絡ください。
☆来店・訪問予約はこちらからどうぞ☆


岩永補聴器熊本店

熊本市中央区上通り町3-33(鶴屋前)

TEL  096-326-8339

営業時間 9:00 ~ 18:00
定休日  日・祝祭日

☆岩永補聴器のホームページはこちら☆

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted in 熊本店 Tagged , , , , , コメントをどうぞ

聴覚は最期まで残ります

「聴覚は、死ぬ直前まで残る」と医学的には言われているようです。どこか都市伝説的な感じだと思っていましたが、先日読んだ脳外科医の先生が書かれた本の中で「死の三徴候」といわれる呼吸停止,心臓停止,脳機能停止後の患者様が、「脳低温療法」において奇跡的に回復した後に、「先生や看護師さんの呼びかけ」や先生の「もうダメだ」と言った事を覚えていたというのです。それも1~2件の症例ではなく、数多く経験されたとの事でした。やはり聴覚は最期まで残るようです。


聞こえにくさを感じましたら、早目の補聴器装用をお勧めします。

佐世保店 大島

Posted in 佐世保店 Tagged , コメントをどうぞ

週刊文春の「もの忘れと聞こえ」特集

週刊文春3月2日号に「もの忘れと聞こえ」の特集がありました。


最新の ”聞こえと脳の研究” について紹介されていますので、興味がある方はご一読なさってみてはいかがでしょうか。

耳の遠くなった人は、”聞こうとすることに集中しなくてはならないので脳が疲れる” そうです。

周囲が騒々しくなると、雑音の中から言葉を聞き分ける訳ですから、さらに脳へ負担がかかって疲れるそうです。

貴方も ”聞くのがラクになる最新式の補聴器” を探してみませんか。当社のスタッフが親身にお手伝いします。

(佐賀本店より)

Posted in 佐賀本店 Tagged , , コメントをどうぞ

音楽療法

こんにちは。 熊本店の岩永です。

今日は、アメリカの友人が紹介していた動画がとても素晴らしかったので、

こちらでも紹介させてください。

 

「パーキンソン病患者さんへの音楽療法」の動画です。

 

パーキンソン病患者さんが音楽を聞くと楽に歩けるようになる場合があるそうなのです。

こちらの動画は全編英語で日本語の字幕はないのですが

見ていただければわかります。

1分16秒までは、パーキンソン病の患者さんが、音楽なしで歩行器を使って歩いています。

その後、音楽が流れてきて、しばらくリズムを取った後、歩行器を使って歩き出されます。

2分40秒あたりからは、なんと歩行器なしで歩かれます。

そして、3分10秒からは、なんと! 衝撃の結末?!


調べてみた所、日本でもパーキンソン病患者さんの歩行障害への音楽療法は注目されているようで、順天堂大学の林明人教授が「パーキンソン病に効く音楽療法CDブック」と言う本をだされています。

アマゾンでその本の説明文には「パーキンソン病では、脳内の歩行リズムの障害があり、
音楽やメトロノームのリズムに合わせて歩行訓練を行うことが有効であると、
これまでにもアメリカなどから報告されていました」とあります。

実際この本を取り寄せて読んでみた所「脳は聴覚の刺激にも反応し、必要なときには耳から入る音のリズムを指標として、歩行リズムを整えることができます。そしてその能力を、人はふだんから無意識に活用しているのです」(p41)とありました。

聞こえと脳というのは、不思議で密接な関係があるのですね。

 

Posted in 熊本店 Tagged , , , , コメントをどうぞ

脳で聴く補聴器

脳で音を聞くというのは、どういうことかご存知ですか?

 

脳は音を信号として判断しています。

 

難聴になるとその音がしっかりした信号として脳に届かなくなります。

 

そうすると脳がだんだんと休んでしまい、補聴器のつけ始めは音に敏感で違和感を感じてしまうことがあります。

 

補聴器を使用していると次第に音にもなれ、しっかりとした音情報も増えるので

 

何度も聞いている音や声は次第に聞きやすくなって会話も理解しやすくなりますよ!

 

そのような「音」や「耳」そのものに注目するだけでなく「脳」を優先的に考えて研究された補聴器があります。

 

当社でも取扱いのある、今年発売されたばかりの商品。

 

賑やかな環境でも会話が聞きやすことで大好評です!

 

家族や親戚が集まるこの時期、試聴・貸出もしておりますので試してみませんか。

 

ご興味がある方は是非!

 

数に限りがありますので、詳しくは各店舗にご相談下さい。

Posted in 佐賀本店 Tagged , コメントをどうぞ