福岡・北九州・佐賀・長崎・佐世保・諫早・熊本

お電話でのお問い合わせ

ブログ

物忘れと認知症

こんにちは、黒崎店です。

お客様とお話をしていてよく出てくる話題は、「認知症」。
気になりますよね。

物忘れと認知症の一番の違いは、簡単に分けると
自覚があり、生活に支障がなければ ⇒ 物忘れ
自覚がなく、生活に支障がある    ⇒ 認知症だそうです。

認知症予防には
1、生活習慣病の適切な治療 (糖尿病・高血圧など)
2、適度な運動       (散歩・スポーツなど)
3、適切な食習慣      (野菜・魚介類など)
4、余暇活動        (囲碁・将棋・映画など)
5、社会参加        (友達と会う・旅行・ご近所付き合いなど)
6、精神活動        (おしゃべりをする・笑うなど)

が上げられます。

補聴器は、『社会参加』や『精神活動』に役に立つと思います。

聞き返しが多くなり話すのがためらわれたり、人に会うのがめんどくさくなる前に、

聴こえを改善すれば良くなる問題は早めに解決した方がいいかと思います。

本人は自覚がないので、意欲低下になるまえに、ご家族が気づきおしゃべりをして確認が必要かもしれませんね。

補聴器の操作や装用の仕方、簡単ではありませんが、みなさん練習して少しずつでも上手になられています。あきらめずに社会参加して行きましょう。

毎月の補聴器の点検と掃除をおすすめします。

来店の難しいお客様は、訪問もご利用下さい。寒くなってくると訪問予約も早めに埋まってくるのでご注意ください。

店員一同お待ち申し上げます。    黒崎店 北村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です