福岡・北九州・佐賀・長崎・佐世保・諫早・熊本

お電話でのお問い合わせ

ブログ

補聴器でより聞こえやすくする為に

こんにちは。福岡店の岩崎です。

朝晩涼しくなり大分過ごしやすくなりましたね。寒暖の差は体調を崩しやすくなりますので、皆さん体調にはお気をつけくださいね。

 

さて、今日は少し専門的な「補聴器でより聞こえやすくする為に」必要不可欠な「耳栓」のお話です。

 

耳栓…

イヤホンなどでも大きさ違いの耳栓はよく販売されていますよね。

あの耳栓ですが、実は補聴器で聞こえるよう効果を出す為にはとても大事なものなんです。

音を強く鼓膜に届けないといけない人に、耳の形に合わず音が抜けやすい耳栓をつけても効果は半減以下ですし

ある程度音を逃がしてあげた方が自然で言葉が分かりやすい人に、ぎゅっと耳を詰めてしまう耳栓をするのは違和感だけでなく言葉の聞き取りを妨げてしまう為あまり良くありません。

【様々な種類の耳栓】

 

具体的な例を出すと、例えばあるお客様の、補聴器をした時としていない時の聞こえ方を測定したグラフをお見せします。(下のグラフ①、②)

見方としては

赤い〇・・・補聴器をしていない時
赤い△・・・補聴器をした時

グラフの上の方に印がくればくるほど「小さな音が聞こえているよ」ということなのですが、結果はどうか。

①のグラフは補聴器に既成のシリコン耳栓を付けた時。

②はお客様の耳の形に合わせてオーダーメイドで耳栓を作り、補聴器につけています。

赤い△、補聴器をした時の聞こえ方が全然違いますよね。

補聴器の音の設定は全く変えていませんが、結果は別物で測定したんじゃないかってくらい違った結果になっています。


 


写真③:既成のゴム耳栓 / 写真④:オーダーメイド耳栓 (茶色の物は耳かけ型補聴器です)


オーダーメイドの耳栓も補聴器や用途によって様々。

耳栓はその人の聞こえ方や耳の形状・状態に合わせてしっかりと選択する必要があります。

※オーダーメイド耳穴型補聴器の人も、空気穴の大きさや先端の太さ、角度によって聞こえが変わります。形状はとても大事になります。

 

補聴器を初めて検討されている方も、もう少し良い聞こえを希望されている補聴器ユーザーの方も、ぜひご相談にいらしてください。

私たちは、お客様の聞こえの為には何が良いのかを一番に考え、ご説明いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です