Tag Archives: トレーニング

始めました!

皆さんこんにちは。お元気でお過ごしでしょうか。
私は最近なんと「縄跳び」を始めました。
小学生の遊びと侮ることなかれ!いい年をした大人にとってはとてもハードな運動です。
体幹が鍛えられ、持久力がつくそうです。

始めてすぐは速攻で息が上がり、足は思ったほど上がらず、おまけに“筋肉痛”という名の
お土産つきでした。
その場で跳びあがるだけでこんなにキツイとは・・・。
小学生の体力とカンガルーの筋力おそるべし!!

今では少しずつ慣れてきて、二重跳びやあや跳びもできるようになりました。
皆さんもぜひ縄跳びを・・・とお勧めできないと思いますので、負担が少ない軽い運動を
してみてはどうでしょうか。
春の季節にフットワーク軽くお出かけができるかもしれません。

まだまだコロナの感染対策は必要ですが、よかったらお店にもどうぞご来店ください。
お店に来られない方は無料訪問もできますので、お気軽にご相談くださいね!


長崎店 堀田

Posted in 長崎店 Tagged コメントをどうぞ

のどの健康

こんにちは!ヒアリングデザイン大橋店です。

近所のお魚屋さんに「おいし~い秋刀魚!間もなく入荷!」の、のぼりが!いよいよ食欲の秋!おいしい秋刀魚を心待ちにしながら過ごしている今日この頃です。

補聴器の仕事をして、お客様とじっくりお話をする機会が多く、聞こえと声も意識するようになりました。

日常生活の中で「あんな声聞きやすいな」「こんな声素敵だな」と思いながら店員さんや駅でアナウンスしている方の声を聞いています。

私自身の声は話をしていると、かすれやすく、たんでむせたりします。なので、いい声になりたい!と思っています。皆様はどうでしょうか?

書店でのどを鍛える方法を見つけ、後日ネットで調べてみました。

出てきたのが「パ タ カ ラ」体操です。この体操「パ・タ・カ・ラ」を繰り返し大きな声で発声するだけのお手軽トレーニング!

のどだけでなく、舌や唇の筋肉も鍛えられるそうです。大きな声で、一文字一文字、はっきりと発声するのがポイントで、食事の前に3回繰り返すと効果的だそうです。これなら簡単ですよね!私でも続けられそうです(^^)早速、挑戦してみようと思います。


喉の筋力は咀嚼や嚥下にも関わってきます。年齢を重ねるにつれ喉の筋力も低下するそうなので、気になる方はトライしてみて下さい。

補聴器の聞こえ方は性能や調整も関係しますが、周りの方のちょっとした気配りで、ぐっと良くなることがあります。補聴器を装用しても言葉が分かりづらそうな方がいるときは、普通の声の大きさで、ひと声かけて、ゆっくりと、はっきりと話すことを試してみて下さい。

補聴器のご相談や試聴もできますのでお気軽にご来店ください。皆様にお会いするころには、きっといい声になっている??・・・はずです。

青いテントが目印の明るいお店ヒアリングデザイン大橋店でお待ちしています。

大橋店のLINEお友達を募集しています!耳寄りな情報や来店予約も簡単ですよ♪


大橋店 宮原

Posted in 大橋店 Tagged , , コメントをどうぞ

難聴の脳 補聴器で改善

こんにちは 佐世保店です。

音は耳で聞いている思いがちですが、実は脳で聞いています。耳から入った音は鼓膜を動かし、蝸牛とういう神経で電気に変わり、その電気が脳に届くことで「聞こえた」という状態になります。蝸牛の動きは年齢とともに衰えるため、脳に届く電気も減っていきます。この状態がいわゆる難聴といわれています。

蝸牛の衰えを予防・治療する方法はないため、補聴器の出番となるのですが、問題は電気の届きづらくなった脳は「難聴の脳」に変化してしまっており、いきなり補聴器で「もともと聞いていた音量」を入れると非常に不快に感じてしまいます。「補聴器を買ったが、うるさすぎて役に立たない」としまい込んでしまう人も少なくありません。3ヶ月
適切な訓練 不可欠

聞こえの力は補聴器をつけてもすぐには改善せず、音を忘れていた脳に音を思い出させるには時間がかかります。そこで必要となるのが補聴器のトレーニングです。「聞き取りに十分な音量」は人によって異なりますが、目標値の70%程度「快適ではないがなんとか我慢できるレベル」の状態で1週間程度慣らしていき、3ヶ月かけて十分な音量に上げていくのが望ましいやり方です。

効果を上げるには、起きている間は常に補聴器をつけることが必要です。また、積極的に音のある場所に行き、コミュニケーションをとることも大事です。

(参考:済生会宇都宮病院 新田清一医師より)

 

Posted in 佐世保店 Tagged , , コメントをどうぞ