Tag Archives: 補聴器

補聴器の選び方

秋も深まり、朝夕ではめっきり寒くなってきました。

佐賀では10月末から11月の文化の日にかけて、

バルーンフェスタが開催されました。

毎年行われていますので、これがくると

秋の終わりが訪れたと感じます。

 

さて、今回は補聴器の選び方をご紹介いたします。

補聴器を選ぶ際には、3つのことを決めて頂く

必要があります。

 

①片耳と両耳のどちらに装用しますか?

②耳掛け型やオーダータイプなど、

どういう形の補聴器をご希望ですか?

③補聴器のグレードはどれを選ばれますか?

 

①片耳と両耳について

私たちは両耳を通して脳に情報が伝わるように

できています。

聴力が両耳共に低下している場合は、両耳に補聴器を

装用することをお勧めしています。

聴力や違和感などにより、片耳装用が良い場合もあります。

私たちは適切なアドバイスを心掛けています。

 

②補聴器の形について

形によってメリットとデメリットがあります。

お客様の聴力、感じ方や操作方法、生活環境などに

よって、お客様に一番合う補聴器を選択します。

 

③補聴器のグレードについて

補聴器には様々なグレードがあります。

グレードによる違いは、補聴器の性能の違いです。

性能が違えば、言葉の分かりやすさ、

快適性に違いが出います。

 

補聴器のグレードと価格はこちら

 

補聴器を選ばれる際は、この3つのことを決める

必要があります。

補聴器はアフタケア-が大切ではありますが、

最初の入り口である”どの補聴器を選ぶか”も

同じぐらい重要です。

 

機種選択を間違えてしまうと、お客様に聞こえで満足して

頂くことが難しくなります。

適切な補聴器を選ぶためにも、信頼できる専門店を

お勧めします。

 

私たちは、お客様の聞こえやライフスタイルを考慮して

補聴器選びのお手伝いをいたします。

ぜひご相談ください!

Posted in 補聴器 Tagged , コメントをどうぞ

補聴器の寿命

お盆の時期に入り、セミの鳴き声も弱くなりました。

ツクツクボウシの鳴き声も聞こえるようになり、ようやく暑さもひと段落しそうな気配で、ホッとしている岩永です。

 

さて、補聴器の寿命はご存知でしょうか?

 

正解は、一般的に5年と言われており、

管理医療機器としても、補聴器の耐用年数は5年と定められています。

必ずしも5年しか持たない訳ではなく、目安としてお考えいただければと思います。

当店のお客様でも5年以上1つの補聴器を使用されている方もいらっしゃいますし、

お客様の使用環境などで大きく違ってきます。

 

そうは言っても、補聴器を長持ちさせるコツはあります。

具体的には、

1. 補聴器が汗などでぬれたら、すぐに拭き取る。

2. 定期的な乾燥剤の交換と、使用しない時には乾燥ケースに補聴器を入れる。

3. 販売店で定期的な点検と掃除をしてもらう。

 

これらをして頂くだけで、5年後の補聴器の状態は全くメンテナンスをしない補聴器と比べて、全然違います。

乾燥ケースは、最近では乾燥剤の交換の必要がない、シリカゲルよりも電気で強力に乾燥し、除菌までできるという優れものもあります。当社で取り扱っているものは、「Dry Go(ドライゴー)」という商品になります。

特に汗や耳の中の湿気が心配な方には、とても好評を得ています。

 

Posted in 補聴器 Tagged , コメントをどうぞ