福岡・北九州・佐賀・長崎・佐世保・諫早・熊本

お電話でのお問い合わせ

3代目社長の気ままに更新ブログ

3代目社長の気ままに更新ブログ

お客様

お客様からのお便り Vol.2

豪雨から一転、梅雨が明けて、本格的な夏が始まりました。

急に夜も寝苦しくなってきましたので、熱中症にはみなさまもくれぐれもお気をつけください。

さて、今回も前回に引き続きお客様からのお便りのご紹介です。

”永い間迷いに迷いぬいた末、やっとの思いで辿りついた補聴器。

予想外の効果に唖然。無音の日々から様々な音を取り戻し自然な生活を過ごす事が出来、今更の様ですが何故もっと早くその気にならなかったかと後悔しております。

今では片時もはなす事が出来ないほど貴重な存在になっております。

一人一人異なり大変困難な作業と思いますが、こちらの要望に応えて頂き感謝感激です。”


 

Iさま、お手紙ありがとうございました。

Iさまが補聴器を装用されるまで、非常に迷われたお気持ちがひしひしと伝わりました。

私たちのところにご来店される方は、ほとんどの方が迷われてご相談に来られます。

少し古い資料になりますが、聞こえづらいと感じてから補聴器を装用するまで平均して8年以上かかると言われていました。※「補聴器供給システムの在り方に関する研究」1年次報告書(2002年3月)

まず難聴を受け入れることに抵抗があり、次に補聴器を装用することに抵抗があり・・・

私の個人的な意見ではありますが、8年間聞こえづらい状況を我慢して生活することはどんなに大変なんだろうと思ってしまいます。

会話が分からなければ、聞き返しをしなければなりませんし、聞き返しができない状況であれば、分からないまま”分かったフリ”をしないといけないかもしれません。

恐らくそういう状況が続けば、会話がストレスとなり楽しめなくなると思うのです。

親しい友達や家族であっても、ストレスを感じれば会話をする機会が減るかもしれません。

だからこそ8年間我慢するのではなく、会話に不便を感じ始めたその時に、ぜひ補聴器の装用を真剣に、また前向きに考えてほしいと思っています。

補聴器は安いものではありませんし、慣れるまでも大変に思われることもあるかもしれませんが、家族やお知り合いとの会話を楽しめる時間を考えればそれだけの価値は十分にあると信じています。

私たちの仕事は補聴器という”器”に聞こえの付加価値をつけることだと考えています。

これからもお客様に補聴器をつけて良かったと喜んでい頂けるように、できる限りのサポートをしていきます。

 

Posted in お客様, 補聴器, 聞こえ Tagged コメントをどうぞ

山から下るときは・・・

近頃、サッカーのアジアカップを楽しく観戦しています。

中東の厳しい環境で、選手が逆境を物ともせず逞しく戦う姿は

勇気づけられますね。

 

さて、先日、耳鼻科の先生とお話をする機会がありました。

その時に山に住んでいるお客様が山から下りてくると

聞こえが悪くなるという訴えが時々あることを相談させて頂きました。

気圧の変化により、上る時は耳管が開く状態になり、下る時は耳管が閉じるとのことでした。

山に上るときよりも下るときが聞こえにくくなり、

もとに戻るまで時間がかかることが多いそうです。

 

飛行機に乗るとアメをもらいますが、これは耳管の開閉を促すためでもあるそうです。

なんとなく配っているなぁと思っていましたが、そのことが理由とは知りませんでした!

 

先生によると離陸のときよりも着陸の時にアメをなめるといいそうです。

山から下りる時にもアメをなめるといいかもしれませんね。

 

以前も気圧の件でスタッフブログで紹介していましたが、再度取り上げてみました。

 

最後に正月気分が抜けた今となってはいまさらですが、

正月に初詣に行ってきた写真をアップします。


その時におみくじを引くと大吉でした。

縁起が良いので、このブログを読んでくださった皆さんにも

御利益があることを願っています。

 

ご挨拶が遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願い致します。

 

 

岩永行弘

 

Posted in 聞こえ Tagged , コメントをどうぞ

オーティコン国際シンポジウム

昨日、オーティコン国際シンポジウムに行ってきました。

その内容ですが、補聴器を取り巻く環境も変化が訪れていると感じるものでした。

 

講演の内容は次の通り。

「中年期以降の”Hear Well”-くらしと聞こえの関係-」

愛知医科大学 国立長寿医療研究センター

内田育恵先生

 

「軽度中度難聴への補聴器のメリットについて」

ノッティンガム大学 国立衛生研究所 バイオメディカルリサーチセンター

メラニー・ファーガソン博士

 

講演のなかでは、様々な研究によって新しい事例を教えていただきました。

たくさんの気づきがあったのですが、その中で私が特に印象深かったのは

「年齢とともに難聴があってもなくても脳の情報処理能力は落ちるが、難聴があると衰えが顕著になる」という発表でした。

「健康寿命」という言葉も近頃ではよく聞く言葉です。

介護や医療に依存せずに自立した生活を送ることができる期間をいうそうです。

今回の講演で、難聴の放置は健康寿命を確実に短くするのではないかという印象を強く持ちました。

 

このシンポジウムでは”Hearing care is health care.”というテーマがありました。

まさにその通りで、聞こえの改善は健康であり続けるために重要であり、

健康という視点から補聴器がどのような役割を担えるか?をこれからも考えていく

つもりです。

Posted in イベント, 聞こえ Tagged , , コメントをどうぞ